スタッフ紹介

センター長 入江充洋

写真

酪農学園大学卒業

所属学会:
日本獣医学会、日本獣医師会、日本小動物獣医師会、香川県獣医師会、香川県獣医師会小動物部会、日本獣医がん学会、日本獣医画像診断学会、日本獣医神経病学会、獣医麻酔外科学会、獣医皮膚学会、獣医歯科研究会,日本獣医臨床獣医学フォーラムなど

現在:
香川大学医学部と東京大学獣医内科学教室で
共同研究をおこなっている


「病気の動物を治療するためには、どこが何の原因でどうなっているかという確定診断が重要になります。
確定診断することで的確な治療がおこなえると思っております。
当センターでは、できる限り動物からのメッセージを受け取り確定診断することを心がけております。
また、自分自身が大きな病気を経験したため、患者の立場に立った獣医療を提供するよう努力しております。」

副センター長 三好拓馬

写真

日本大学卒業

正確な診断のもと、的確で必要な検査および治療を実施し、皆様の家族に一員である、ワンちゃん、ネコちゃんたちが少しでも長く幸せな生活が送れるように全力でお手伝いさせていただきたいと考えています。また、ご家族の皆様とのコミュニケーションを大切にし、わかりやすいインフォームドコンセントを実施することで『?』のない診察を心がけています。よろしくお願いします。

獣医師 平本彰

北海道大学卒業

わんちゃん,ねこちゃんは「痛い」のか、「しんどい」のか口にして話すことができません。彼らのそういった言葉を少しでもすくい上げ、ご家族に「通訳」する事が僕らの仕事の一つだと考えております。
わんちゃん、ねこちゃんとご家族の間に入る事で、皆様にとって一番幸せな生活が送れるお手伝いができるよう努力を重ねてまいります。
よろしくお願い致します。


獣医師 栗谷川優子

鹿児島大学卒業

7月から勤務しております。平日午前中の診察をさせていただいています。これまで個人病院、大学病院などで勤務し、一次診療から二次診療まで様々なニーズを経験してきました。飼い主様それぞれのご要望と、動物自身のQOL(生活の質)の向上を共に叶えていければと思っています。なお、午後や休日等、私自身の不在時も、獣医師全員で患者情報を把握し治療に取り組ませていただいております。よろしくお願い致します。
※現在休職中です


動物看護師 町田憲治

家庭でのペットの存在意義はどんどん重要なものになってきていると感じております。我々動物看護師に求められるものも多くなってきておりますが、常にご家族,動物にお力添えできるよう努力していきたいと考えております。

動物看護師 池田 慎

動物やご家族の不安解消のために,多くの知識や技術を習得し、的確な看護や助言ができるように努めています。
動物とご家族が1日でも長く一緒に生活を送れるように、精一杯サポートしていきたいと考えています。


動物看護師 佐々木志帆

動物看護師として働き始めて今年で4年目になりました。日々元気になっていく動物達の姿や、ご家族の笑顔を見て元気をもらっています。これからも信頼して頂ける看護を目指して努力していきますので、よろしくお願いします。
どんな小さな悩みでも、お気軽にご相談下さい。

動物看護師 相澤梨子

今年で入社して3年目になります。入社してからたくさんの動物たちやご家族と出会って一歩ずつ成長出来ていると思います。
まだまだ勉強不足ではありますが信頼していただける看護師になれるよう精一杯努力してまいりますので、よろしくお願い致します。


動物看護師 大高康輝

私自身が手術、入院をした経験を活かし、少しでも入院している動物の手助けをしたいと考えています。動物が出す小さなサインも見落とさないようにし、元気に帰っていく姿が見られるように一生懸命看護して参りたいと思います。まだまだ勉強不足ではございますがご家族と動物たちの支えになれるよう精進致します。

動物看護師 豊田かおり

ご家族の不安や心の痛みを和らげ、動物達が健やかに過ごせるようにお手伝いしていきたいです。また、入院している動物達の小さな変化を見逃さないように、しっかり看護してまいります。


動物看護師 木村美由紀

ご来院される動物、ご家族の気持ちに寄り添った看護を目指しております。「こんなことを相談するのは恥ずかしい…」と思うような小さな悩みや言いづらい事も遠慮なくご相談ください。

動物看護師 金安真央

4月から動物看護師として働いております。実家では昔からカメ・トリ・カタツムリなど様々な動物を飼っており、家族みんな生き物が大好きです。たくさんの子がより良い生活を送るための力になりたいと考え、この仕事に就きました。これから自分に出来る事を精一杯頑張りたいと思います。よろしくお願い致します。


動物看護師 野口早希

今年の4月より入社致しました。覚える事が多く、大変な事は多々ありますが、大好きな動物達に囲まれ、癒され、すごくやりがいのある仕事です。ご家族に頼られ、動物から愛される看護師を目指しています。
笑顔をモットーに頑張りますのでよろしくお願い致します。

動物看護師 東原真奈美

小さい頃から動物が好きで、夢だった動物看護師になれました。常に目の前の動物、ご家族の幸せのために何ができるのかを考え、たくさんの事を学びながら成長していきたいです。信頼される動物看護師になれるよう日々努力して参りますので、よろしくお願い致します。


受付 工藤亜弓

ご来院いただく理由は様々ですが、ご家族の皆様と動物たちに四国動物医療センターに来て良かった!と思って頂けるよう、笑顔でお出迎え、笑顔でお見送りを心がけております。先生にちょっと言いにくいな…ということなどどんな些細なことでも気軽にご相談下さい。

受付 星野凪砂

どんな時もご家族と動物の目線を意識し、安心を与えられるようなスタッフになれるよう笑顔で精一杯頑張ります。まだまだ未熟ではありますが、ご家族の不安や疑問にお応えできるよう日々勉強して参りたいと思います。よろしくお願い致します。


専門科診療獣医師

腫瘍科 入江充洋(当センター長)

ガン患者の立場にたった獣医療を提供いたします。
ガン=死ではありません。
ガンでも治る場合はありますし、治らないガンでも生きている間、痛くなく、辛くない日々をご家族と一緒に考えてまいります。

外科 渡邊俊文(麻布大学)

出身大学:麻布大学
外科にかかわらず総合診療から内視鏡、腹腔鏡、腎泌尿器科など外来、手術など多岐にわたる診療ならびにアドバイス。


内科 入江充洋(当センター長) 尾上 翠(当センター獣医師主任)

整形外科 東条吉晃(東条動物病院院長:香川県坂出市

出身大学:宮崎大学
近年、獣医整形外科学分野おきましても、様々な診断機器および治療方法(手術手技)の開発により、どんどん進歩しています。そのため、知識不足によって診断できない、あるいは治せないといったことがないように日々勉強し、最善の治療法をご提示・実践できるように努力しています。


歯科・口腔外科 奥田綾子(Vettec Dentistry:東京都)

出身大学:麻布大学
獣医師、歯学博士、アメリカ獣医歯科認定専門医
麻布大学獣医学部解剖学共同研究員
日本獣医生命科学大学非常勤講師
Vettec Dentistry(東京都墨田区)院長
職歴:日本大学松戸歯学部解剖学教室
トロント大学歯学部MRCグループ
獣医歯科臨床トレイニング:ペンシルバニア大学獣医学部歯科(Dr.ColinEHarvey)
Coit Road Animal Clinic (Dr. RobertBWiggs)
歯科、口腔外科が専門ですが、鼻咽喉頭も診療領域に入りますので、ご相談ください。ホームケアが一番の歯周治療法と考えますので、クライアント教育もがんばりましょう!

眼科 小野 啓(パル動物病院:静岡県) 三好拓馬(当副センター長)

出身大学:麻布大学
現在、静岡県のパル動物病院に勤務し眼科診療に従事。
動物の眼の病気は、白内障や緑内障はもちろんのこと、涙が不足する病気、睫毛(まつげ)の病気など様々です。病気によっては、視覚の消失や痛みを伴うことがあり、動物の生活全般に影響を及ぼすことがあります。また、体の病気が原因で目に症状が現れることもあります。系統立った検査を行い、常に現状とその原因を考えながら診療を行っております。(小野 啓)


脳神経科 和田昌絵(日本獣医生命科学大学)

出身大学:日本獣医生命科学大学
学生時より織間博光教授を師時し、画像診断学、神経病学を学ぶ。
近年小動物臨床においてもMRI検査が普及しはじめ、今まで特発性てんかん発作と診断されていたものの中に脳腫瘍や脳炎、脳梗塞などが比較的多く認められます。また椎間板ヘルニア、外傷による脊髄障害の程度が分かり、予後の判定にも役立つなどの有用性があります。動物は言葉が話せないので、とかく神経疾患は見逃されがちですが、早期に検査、診断、治療することで治せる病気もあるということを知っていただければと思います。

循環器科 戸田典子(日本獣医生命科学大学)

出身大学:日本獣医生命科学大学
現在、日本獣医生命科学大学の高度医療学教室に大学院特別研究生として在籍し、同教室の竹村直行教授の下で心臓および腎臓の診療および研究に従事。
心臓病は生まれつきの心奇形や、歳をとるにつれて生じる弁膜症などたくさんの種類があり、病気によって治療法は異なります。また、心臓病は悪化するにつれてさまざまな症状がみられるようになり、その症状によって薬の種類や量を調整する必要も出てきます。日々の症状は検査の数値だけではわかりません。飼い主さんとお話しをしながらその子の症状や病気の程度を把握し、適切な治療を心がけていきたいと思っています。


画像診断科 和田昌絵(日本獣医生命科学大学) 大竹祐蔵(当センター獣医師

腎泌尿器科 渡邊俊文(麻布大学)


皮膚科 関口 麻衣子(アイデックスラボラトリーズ(株))

出身大学:日本大学
獣医師、獣医学博士
東京農工大学獣医内科学教室にて獣医学博士課程修了、同教室にて第2種研修医、(株)プロキオン (動物の皮膚病の総合検査・コンサルティング会社) 代表取締役、帝京科学大学アニマルサイエンス学科動物皮膚科学教室講師、同大学准教授を経て、現在はアイデックスラボラトリーズ(株)において動物皮膚病理診断医として動物病院を対象に皮膚病の診断と治療のコンサルティングを行っております。また、四国動物医療センターをはじめとするいくつかの動物病院にて皮膚科を専門に診療をさせていただいております。難治性あるいは慢性的な皮膚病だけでなく、皮膚トラブルを予防するための日常的なスキンケアやお手入れについても幅広くご相談いただければと思います。


アドバイザー

石田卓夫(日本臨床獣医学フォーラム)

臨床病理学、免疫学、ウイルス学、猫医学

賀川由美子(ノースラボ)

米国獣医病理学専門医


廉澤 剛(酪農学園大学)

腫瘍学、腫瘍外科、放射線治療

小林哲也(日本小動物がんセンター)

米国獣医内科学(腫瘍学)専門医


平田雅彦(日本小動物がんセンター)

臨床病理学、細胞診断学

南 毅生(南動物病院グループ)

臨床獣医学、病理学、放射線治療


山上哲史(日本小動物がんセンター)

病理学専門医